身分証明書による本人確認は必要不可欠

クレジットカード現金化では必須となる本人確認

身分証明書による本人確認

お金に関係するサービスを利用する際には必ず公的な身分証明書による本人確認が行われます。例えば、

  • 消費者金融からお金を借りるとき
  • 金券ショップで商品券を換金するとき
  • 銀行の口座を開設するとき

 

なぜ、お金に関するサービスには本人確認が必要なのかというと、不正利用防止や犯罪防止のために必要とされているのです。
クレジットカードのショッピング枠現金化サービスも新しい金融サービスとされますので本人確認はどこの現金化サイトでも必要となる手続きの一つなのです。


クレジットカード現金化の本人確認の内容

本人確認の手続き内容

一般的な銀行や消費者金融からの借り入れの本人確認の手続きは身分証書のコピーを郵送にて行いますが、即日利用ができるクレジットカード現金化では郵送ではなくメールでの確認が定番の方法となっています。本人確認を郵送で行いますと近い距離でも当日中に届くことは難しく、翌日以降の手続きとなってしまい即日現金化には不向きとされているのです。

 

クレジットカード現金化の手続きは基本的にインターネットを利用したものばかりとなりますので本人確認も画像をEメールに添付して送信する方法をほとんどの現金化サイトで行われています。添付する画像の内容は、

  • 本人の写真付き身本証明書
  • クレジットカード
  • 本人の画像

 

この身分証明書は大半の方が自動車運転免許証を提出しますが、パスポートでも代用することが可能です。
運転免許証もパスポートも所持していない方の場合は住民基本台帳カードや保険証でも代用できますが、公的な請求書などの確認があるケースもあります。


身分証明書が悪用される危険性

身分証書の悪用

身分証明書の提示はクレジットカード現金化の不正利用防止のために行われているのですが、悪質な現金化業者の場合身分証明書などの個人情報を悪用される危険性があります。

 

身分証明書は本人確認のために使用される個人を特定することのできるその人しか持っていない証明書です。この情報が他人に悪用される場合、

  • 闇金融からの借り入れ
  • 架空口座の開設
  • 携帯電話の不正取得

などの危険が考えられます。
特に銀行口座や携帯電話は詐欺に必要な道具とされていますので、被害者どころか加害者の一人になってしまう可能性があるのです。それくらい身分証明書は重要なものですのでクレジットカード現金化の利用もそうですが、どんな現金化業者か慎重に見極める必要があります。


page top