ネットバンクの銀行口座で24時間即日現金化

即日現金化にはネットバンクは必要不可欠

ネットバンクの銀行口座

インターネットで営業しているクレジットカード現金化サービスには、

  • 来店不要
  • 24時間対応
  • 最短5分

などの他にはない多くのメリットがありますが、利用するために必要なモノがいくつかあります。

 

そのなかでも最も重要なのがインターネットバンキングの銀行口座なのです。


クレジットカード現金化ユーザーのほとんどが即日利用

即日現金化が必要

お金が必要な時にとても便利なクレジットカード現金化サービスですが、そのユーザーのほとんどが即日振込を希望しています。大半の現金化サイトには即日利用できるプランのほかに、スタンダードプランやお得プランという日数はかかりますが換金率が高くなるプランが用意されています。スタンダードプランに必要な日数は各サイトによって異なりますが、だいたい1週間から10日程度の時間が経過してからの振込となるのです。

 

しかし、お金が必要な方にとって10日も待てる人はまずおりません。ほとんどの方が当日中もしくは翌日までには現金が必要なのです。それに対応できるのがクレジットカード現金化なので9割以上のユーザーは即日プランを利用しているのです。

即日振込に最適なネットバンク

一般的な都市銀行や地方銀行、信用金庫は基本的に営業時間内の9:00~15:00という限られた時間内でしか取引を行うことはできず、時間外は翌営業日扱いとなります。例えば金曜日の午後4時に振込の手続きを行ったとしても相手の口座に反映されるのは月曜日の朝9時以降になってしまうのです。

 

しかしクレジットカード現金化サービスでは、

  • 土日祝日も対応
  • 15時以降でも即日現金化
  • 24時間営業中

などのフレーズがよく見られます。

 

その理由には24時間即日反映されるインターネットバンクの存在があるからなのです。ネットバンクはすべての手続きをインターネットで行い、営業時間という概念はありません。しかも同じネットバンク間の振込であれば土日祝日でも24時間即座に反映されるのです。

 

この特徴を最大限に生かしたのがクレジットカード現金化サービスなのです。つまり現金化業者が提携しているネットバンクの口座をユーザーが持っていれば24時間即日現金化することが可能なのです。

 

一般的な現金化サイトでよく利用されているネットバンクは、

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • じぶん銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行

といったメジャーなネットバンクが主流となっており、即日現金化に活用されています。


page top